いろんな手段を選択しよう

今月も計算機を叩く日々 > 生活 > いろんな手段を選択しよう

いろんな手段を選択しよう

2014年10月14日(火曜日) テーマ:生活

特定調停という手段も任意整理による解決と同じように、各貸方に対しての借金の返済を続けていくことを前提とした借金を整理する選択になります。

 

分かりやすく説明すると裁判所が行う任意整理ということができます。

 

この方法も任意整理と似ていて破産と違いある部分だけの負債のみを整理することが可能なため保証人が関係している借入以外だけを整理をしていく場合や自動車ローン以外について検討したい場合などでも申請することが可能ですし築き上げてきた財産を放棄してしまうことは求められませんのでクルマや有価証券自分名義の資産を所有していて手放したくない状況であっても選択肢になる借金整理の手続きといえるでしょう。

 

今後の返済金額と収入額を比較し適度に返済が見通せるようである場合はこの特定調停による方法を選択するほうが良いといえますが自己破産手続きのように負債自体がなくなるのではありませんので、借金の額が大きい場合などは、実際的には方法を取るのは難しくなるといえるでしょう。

 

なお、特定調停は司法機関が介在しますので司法書士等に見てもらわなくても不利になることはないということや、手続きのための費用をおさえられるという点はありますが、貸し手のわずらわしい取り立てに対し債務者自身が処理していく必要がある点に加え裁判所に何回かおもむく手間がかかるなどといった要素もあります。

 

また、任意整理による方法と比較してみると、調停にて解決できないような場合は年利をそのまま付けた状態で返していかなければいけないことや最終的には債権者へ払う合計が任意整理による方法の場合と比べて割高になる傾向がみられるという注意点もあります。

 



関連記事

アンチエイジングと美容法

アンチエイジングと美容法

2014年12月29日(月曜日)

フラッシュモブ

フラッシュモブ

2014年11月 3日(月曜日)

フラッシュモブプロポーズの成功事例

フラッシュモブプロポーズの成功事例

2014年10月30日(木曜日)

引越しで断捨離しようと思うけど捨てられない・・・

引越しで断捨離しようと思うけど捨てられない・・・

2014年10月25日(土曜日)

結婚式のフラッシュモブを誰に向けてやるのか

結婚式のフラッシュモブを誰に向けてやるのか

2014年10月24日(金曜日)